日々使う掃除機はエコ家電を選びたい

日々使う掃除機はエコ家電を選びたい

エコ家電にこだわらず、掃除機を選ぼう。

エアコンやテレビ、扇風機まで、近年エコ家電の需要は大きくなって来ている。消費電力の小さいエコ家電は、家計にも自然環境にも優しい素晴らしい製品だが、掃除機を購入する際には、電気代以外のことも考えなければならない。消費電力への関心が高まった今、忘れかけられている、掃除機のその他の側面について考えていきたい。まず、本体のサイズや重量である。いくら消費電力が小さくても、ハンディサイズの掃除機では、家全体の掃除をする際には力不足である。重量も、子供にも使えるようなものにすれば、掃除への意識も高めることができるだろう。逆に、家全体の掃除をする場合でも、高齢の人が使う場合には、ハンディサイズの掃除機を各階に設置したほうが現実的である。余談だが、ハンディ掃除機は、気軽に掃除ができるので、お財布に余裕のある方は、各部屋に置いておくと便利である。

ハンディ掃除機と大型の掃除機の違いについても軽く触れておく。ここでいうハンディサイズの掃除機とは、グリップ部分から直接ストレートホースがついているものである。サイズは小さく、重量も大きくない。子供やお年寄りでも簡単に使える点が長所であるが、大型の掃除機と比べると、吸引力には劣る。大型の掃除機は、階段の掃除や、階をまたいだ持ち運びには向かない。一方、大掃除の時には必ず必要になる。理想としては、両方を揃えておきたい。さて、最後に一番重要な要素を説明したい。排気である。これは、小さい子供がいる場合などには最も気を配る必要のある要素で、あまり汚いと、大人までアレルギー反応を起こしてしまう。その他、騒音などにも注意が必要である。

 比べてお得!